伊勢 丸万 


by oisesan

カテゴリ:未分類( 12 )

せんぐう館 開館

伊勢市の伊勢神宮外宮に「せんぐう館」が開館

d0207325_1413276.jpg




平成25年(2013)の第62回神宮式年遷宮を記念して、伊勢神宮・外宮に新しい資料館「せんぐう館」が開館します。古くから、参宮は外宮から内宮へとされることから、「式年遷宮記念 せんぐう館」は多くの参拝者にとって参宮の入口となり、「神宮式年遷宮」についてより理解を深める拠点として、また、参宮の憩いの場としての役割を果たしていきます。
~~神宮HPより~~
http://www.isejingu.or.jp/sengukan/


d0207325_14132093.jpg



d0207325_17414823.jpg







伊勢の観光は~http://www.marumantaxi.jp/

お得なコースあります。
[PR]
by oisesan | 2012-04-10 14:16

日本3大護摩 7月7日

d0207325_16364758.jpg
大護摩


  世義寺は修験道を行う真言宗の寺である。
7月7日に修験道の寺務の一つである大護摩が焚かれる。日本3大護摩のひとつと言われる。

  世義寺の創立は古く、寺の由緒書きによれば741年(天平13)行基菩薩が聖武天皇の勅により、鎮護国家の祈祷所として伊勢の前山に建立したと伝える。

  一時は塔頭19ヶ寺を有する大伽藍であったが、明治の廃仏毀釈に遭い、護摩堂だけが残る。

  大正4年に現在の聖天堂を建立、現在に至る。
聖天堂のご本尊は薬師如来坐像で、他に十一面観世音菩薩立像、大聖歓喜天(インドの古代神の一つ)が祀られている。

護摩木、護摩札

  ひとびとは護摩木を求め,大護摩の火で先端を焦がして持ち帰り,田んぼに差して虫封じとした。「以前は毎年,護摩木を何本も受けて田のまわりに立てたもんです」また,家に置いて魔除けとする。

  護摩札は表に願い事を裏に住所氏名を記し、大護摩の火に投じ、願い成就を祈る。

  以前は修法として火渡りが行われたが,「一般の人には危険なため3年くらい前にとりやめました」とのこと。

  護摩堂はご本尊が役の行者。脇に愛染明王坐像が安置されている。
[PR]
by oisesan | 2011-06-29 16:36

伊勢  夏至

夏至の伊勢と言えば二見の夫婦岩からの朝日。

その昔は、神宮(伊勢神宮)に参拝する者は、事前に二見浦で禊ぎ(みそぎ)を行なう習わしがあったと言う、
禊ぎを行なわない場合は、二見興玉神社で無垢塩祓いを受ける。
二見興玉神社は、沖合い700mに鎮座する夫婦岩の間から昇ることでで有名。
しかし、この風景が見れるのは、正月の元旦でなくこの夏至の時、初日の出と思ってる方もいそうですがそれは間違い。

6月の夏至の前後1週間は岩の中央から日が上り、運が良ければその背後に霊峰富士という絶景が観ることが出来る、
実は夫婦岩は、鳥居の役目を果たしていたのだ。~御祭神は沖合い700mの海の底

ぜひ、伊勢にお越し下さい。
d0207325_11212775.jpg

[PR]
by oisesan | 2011-06-22 11:21

内宮 本殿前階段

内宮本殿前の階段、人が昇るのには少しピッチが広いですよね。
どうにも歩数が合わない、なぜだろうと感じた方もいるかと思います、
馬(神馬)の歩幅にあわしてあるとか・・・らしいです、
また、次回隣の敷地に変わることになる御遷宮の時にはどうも、この歩幅が変わるのでは?
とか言ううわさ(勝手に言ってるかも??)。

みなさんは知ってましたか?

ぜひ見に来てください、以前は参拝するのに並ばなければいけなかったが高速無料化も終了してゆっくり
参拝してもらえると思います。
d0207325_22451925.jpg

[PR]
by oisesan | 2011-06-21 22:42

伊勢神宮 月次祭


伊勢神宮では6月と12月の「月次祭」と「神嘗祭」の3つの祭礼を「三節祭:さんせつさい」、「三時祭:さんじさい」と称して、五穀豊穣・国家安泰などを祈願する重要な儀式として執り行われます。
 
古く「延喜式」において毎月11日に行なわれていました。畿内(うちつくに)に祀られている304座の神に対し朝廷から幣帛(へいはく=衣服・武具。神酒などの捧げ物)が分け与えられていました。


d0207325_10181177.jpg
6月15日から
6月25日まで 月次祭
(つきなみさい) 由貴(ゆき)の大御饌(おおみけ)を午後10時と翌午前2時の2度奉り、ついで正午、奉幣(ほうへい)の儀が行われます。引き続き別宮以下諸宮社でもお祭りが行われます。(皇大神宮/6月16日・17日、豊受大神宮/6月15日・16日)
[PR]
by oisesan | 2011-06-21 10:19

伊勢神宮 外宮 三ツ石

楽殿を過ぎて進んで行くと、石の周りが囲われており、縄が張られた場所があります。
これが伊勢神宮外宮のパワーポット「三ツ石」です。正式には「川原祓所」(かわらはらいしょ)と言うそうで、伊勢神宮の式年遷宮のときに神宮祭主や奉仕員を祓い清める場所だそうです。要は穢れを祓う場所なんなんですね、ってことはそこには、穢れがたんまり収められているということなんですね。

手をかざすと温かく感じるとか、パワーが・・・とかいいますが、そう!祓い清められた穢れがたっぷりなんですね!

中には触ってパワー頂く!と触っている人もいるのですが・・・・ちゃんと紙垂で囲ってますよね、意味なく囲ってわけではないのですよね・・・・恐ろしい。・・・


皆さんはいかが感じましたか?

昔はこの場所を宮川の支流が流れていましたが、明応7(1498)年の地震で流れが変わり、今は、川はなく少し離れた場所が池となっています。遷宮の修祓 が行われる川原祓所にあたり、川原だったことの名残として三ツ石が残されているそうです。



d0207325_18181016.jpg
[PR]
by oisesan | 2011-06-20 18:16

高速無料化終了

伊勢に良かったのか、悪かったのか・・・
やっと無料化が終了いたします。

伊勢での渋滞、0円旅行による弊害、なんともいえませんが、使った分は払うのが当たり前ですよね。
ましてお金払ってでも早く行きたいから高速なんですから、
タダでよかったら一般道使ってください、日本は十分いい道が、整備されてますから。


せめて、何処まで走っても半額!!くらいならずっと続けることできたのではないでしょうか?


電車での伊勢の旅もいいですよ。


高速「1000円」最後の週末、駆け込み混雑

高速道路の「休日上限1000円」料金割引制度や無料化実験が19日で中止・一時凍結されるのを前に、最後の週末となった18日、近畿各地の高速道路では午前中、小雨交じりの天候にもかかわらず、朝から行楽地などに向かう車で混雑した。

 日本道路交通情報センターによると、午前11時のピーク時で、下り線は中国自動車道宝塚インターチェンジ(IC、兵庫県)から吹田ジャンクション(JCT、大阪府)付近まで約17キロ、上り線では名神高速道路の大津IC(滋賀県)から京都南IC(京都府)付近までの約15キロ、栗東IC(滋賀県)から草津JCT(同)付近まで約9キロの渋滞になった。


伊勢の観光は~丸万タクシー~  http://www.marumantaxi.jp/
d0207325_19504018.jpg




お得なコースあります。
[PR]
by oisesan | 2011-06-19 19:29

6月30日 大祓

d0207325_15541330.jpg
・6月30日(火) 16:00

・内宮第一鳥居内祓所

6月の大祓は「夏越(なごし)の祓」とも呼ばれ、12月の大祓とともに心身を清める極めて意義深い行事です。

※当日は参拝の方も参道より拝観することができるようです。



ぜひ、伊勢に来てください。



  
大祓

6月の30日と12月31日に、国家や万民の罪や汚れを祓うための神事を言います。 7世紀末の天武天皇の時代、国家的神道行事としての大祓が成立する。

大祓は、国中の罪を祓い清めるとして、地方の有力者である国造らから馬や刀などを祓具として提出させた。これは「神祇令」にも規定され、毎年6月と12月の晦日に行なわれる年中行事となる。

神職の間でも個人的祈願に応じる神道儀礼として盛んに行われ、中世には伊勢神宮の御師達の活動によって庶民の間にも広められていった。これによって、大祓詞は中臣祓(なかとみのはらえ)として一般社会で唱えられるようになった。

個人的な祓では、祓具として人形(ひとがた)がもちいられた。人形は、身についた不浄や災厄を移してから川などに流すもので、身代わりになるので形代(かたしろ)、自らの罪をあがなうので贖物(あがもの)、身体にこすりつけるので撫物(なでもの)などとも言われる。これは、3月の上巳(じょうし)の日におこなわれていた上巳の祓でも使われて、3月の節句の流し雛(びな)の原形となった。

6月晦日の大祓は、民間では夏越(なごし)の祓といい、神社の参道にもうけられた大きな茅(ち)の輪をくぐって厄よけをする行事として定着している。
[PR]
by oisesan | 2011-06-17 15:55

12月22日 冬至 内宮

12月22日の冬至には、内宮の宇治橋の鳥居から、日の出が出ます。

朝の弱い自分は行くことが出来ませんでしたが、友人が撮った写真を拝借・・・・

前日が大雨で、まさか朝から日の出が見れると思ってませんでしたが、奇跡的に見れたのでは??

って感じですよね!!

しかし、昔の人はよく考えてますよね。たまたま、冬至に、ここから日の出がでたのではないですよね!?

わざとそうしたとしか思えないですよね・・・、でもあの橋をそうなるように作ったとも思えない・・・・

一説には昔はここに無かったんですからね・・(本当らいい)もう少し下流だそうです。

まぁ~それと繋がってるかは微妙ですが、二見の夫婦岩からの日のでは、夏至なんですよね~~

カメラマンでにぎわうけどね。d0207325_2231398.jpg
[PR]
by oisesan | 2010-12-23 22:31
12月15日に伊勢神宮の外宮で月次祭に奉拝させていただく事になりました。

神宮では、重要な三つのお祭りのうちの一つが「12月 15月次祭(つきなみさい)」

 神宮の三節祭とは 一つには、最も由来の古い10月の「神嘗祭」。
あとの二つは、6月、12月の年2回に行われる「月次祭(つきなみさい)」で、この3つを合せて神宮の「三節祭(さんせつさい)」といわれ1年で三度の大祭とされている。

 また、この大祭に「祈年祭」と「新嘗祭」を加えたのが「神宮 五大祭」である。五大祭には、天皇陛下(皇室)から幣帛(へいはく)が奉げられる。
 ※月次祭では天皇陛下からの勅使は派遣されない

 月次祭は、「外宮先祭(げくうせんさい:豊受大御神から先に行われる)」で10月15日午後10時 「由貴夕大御饌祭(ゆきのゆうべのおおみけさい)」が行われ、翌16日、真夜中の午前2時に「由貴朝大御饌祭(ゆきのあしたのおおみけさい)」が行われる。
 そして16日の正午に「奉幣の儀」が行われる。内宮は、同じ祭りが翌日の同時刻に行われ、正宮が済むと14の別宮、109の諸宮社まで8日間をかけて行われる。

 伊勢の民でも知らない方が多いと思うが、正午と深夜3日間にわたり祭祀が行われる。
 祭主である「 池田厚子様(元皇族:今上天皇陛下の姉) 」は、伊勢神宮 両宮(外宮、内宮)の大祭に祭主として潔斎され、古式よりの装束で昼夜お勤めされるのである。 
 広く静かな神域で、人が管理しない厳しい自然の中で昼も夜も、祈りがささげられる。
 日々の感謝と平和、日本国民への安寧が『事挙げすることなく』静かに祈られている。


 正殿前で行われる祭儀を、観ることはできないが内御門にて玉串を捧げたりする姿は観ることはできる。 撮影は、当然禁止であるため、伊勢で行われる祭りに合わせて 御来伊勢 ください。
 御正宮の祭祀が終わると、祭主は斎館へ戻られ、大宮司は荒御霊を祭る別宮へ行かれ祭祀がおこなわれる。 

月次祭
(つきなみさい) 由貴(ゆき)の大御饌(おおみけ)を午後10時と翌午前2時の2度奉り、ついで正午、奉幣(ほうへい)の儀が行われます。引き続き別宮以下諸宮社でもお祭りが行われます。

昼見れるのは~正午。

夜は境内には入れない~午後10・翌午前2時



伊勢の観光は~
d0207325_17414823.jpg


http://www.marumantaxi.jp/

お得なコースあります。
[PR]
by oisesan | 2010-12-03 17:42